お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2021.11.11
    産業廃棄物の不法投棄や残土の不適正な処理事案に対応するため茨城県は本年度から、県内4カ所の県民センターでドローンを本格導入する。不法投棄件数が急増する中、現場の実態把握や監視に活用する。不法投棄対策のドローンはこれまで県廃棄物規制課で2機運用していた。本年度は県北、鹿行、県南、県西の各県民センターで1機ずつ本格運用を始め、計6機体制に拡充。センターには警察OBを中心とする「不法投棄等機動調査員」も駐在しており、より迅速な対応につながることが期待される。-茨城県
  • 2021.11.10
    熊本県警は、熊本市などで犯行を繰り返していた窃盗グループによる空き巣被害が、約1700万円相当に上ると発表した。容疑者ら5人は、2019年11月ごろから今年7月にかけて熊本市など4市町で空き巣を53件繰り返し、貴金属や骨董品など合計464点を盗んだ窃盗などの容疑で、熊本地検に送致されている。警察によると、男らは主に空き家を狙って犯行を繰り返していて、地図アプリの画像で草が伸びているなどの状況から空き家かどうかを調べていたなどと話している。警察は、今回の事件を受けて「空き家でも盗みの被害を受ける。持ち主は防犯対策をしたりこまめに訪れて管理をしてほしい」と注意を呼び掛けている。-熊本県熊本市
  • 2021.11.01
    10月31日夕方、鹿児島県志布志市で空き家に放火し全焼させたとして、無職の男が現行犯逮捕された。通報時に現場近くにいた警察官が家を確認したところ、中から出てきた容疑者が「自分で火を付けた」と話したことなどから、警察は容疑者を放火の現行犯で逮捕したという。この火事で木造平屋建ての空き家1棟が全焼したが、けが人はいなかった。-鹿児島県志布志市
  • 2021.11.01
    横浜市は、8月1日に施行した「横浜市空家等に係る適切な管理、措置等に関する条例」(以下、空き家条例)に基づき、近隣住民への危険を防ぐため、所有者がいない空き家の剥がれた屋根や外壁の剥離など危険がある部材撤去を初めて実施した。所有者が不在で、倒壊の危険性のある空き家は最終手段として、「空家等対策特別措置法」により、略式代執行で市が除却できるが、空き家条例では、危険な部分のみを撤去できるため、近隣住民に危険がおよぶ前に早い段階で手を打ちやすい。-神奈川県横浜市
  • 2021.10.21
    Japan. asset managementは10月21日、同社の空き家戸建の活用推進のためのプラットフォーム「空き家リノベラボ」が国土交通省の事業採択を受け、空き家数全国1位と2位の世田谷と大田区で運用をスタートすると発表した。「空き家リノベラボ」は、空き家オーナーやその情報を持つ不動産事業者に対し、空き家活用のためのソリューションを持つ事業者が連携して、適切な空き家活用方法を共に考え共に創るためのマッチングプラットフォーム。空き家活用を通し、特に多い相続空き家の暫定活用など維持管理する上で必要な収入が得られる仕組みを提案することで、単純売却されることによる土地の細分化を防ぎ地域の環境を保全する。また、地域にとっての新たなコンテンツを生み出し、魅力を高めることを目指す。-東京都世田谷区・大田区
  • 2021.10.21
    京浜急行電鉄は、東京都港区の品川駅西口に立地し、3月末に閉館した大規模複合施設「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」の解体工事を11月から始める。シナガワグースは、10年9月に閉館したホテルパシフィック東京を改装する形で11年4月に開業し、9年以上にわたって営業してきたが、建設から半世紀となり老朽化が進み、再開発を機に閉館、解体が決まった。解体後の活用については、京浜急行電鉄はトヨタ自動車との共同で再開発事業を進め、羽田空港に近く、リニア中央新幹線の起点にもなる国際交流拠点・品川にふさわしい国際水準のオフィス、MICE(国際的な会議・展示会など)、商業施設、ホテルなどの整備を想定している。-東京都品川区
  • 2021.10.20
    2019年10月から去年12月にかけ、廃プラスチックや建設現場で出た木くず、コンクリート片などおよそ150トンを栃木県など3県で道路上や空き地などに不法廃棄したとして、宇都宮市の解体業の男など3人が逮捕、起訴された。3人はいずれも容疑を認めているという。警察で余罪やほかに関与した人物がいないかなども詳しく調べている。-栃木県
  • 2021.10.20
    20日、兵庫県警生活経済課と三木署は兵庫県三木市内の山林にコンクリート片を不法に投棄したとして、西宮市のトラック運転手の男(49)と、三木市の建設業社長の男(83)を逮捕した。逮捕容疑は、社長が知人から借りている同市吉川町の山林に廃棄物のがれき類など計18・6トンを不法投棄した疑い。調べに対し、トラック運転手は「残土を運んだだけ」と否認。社長は容疑を認めているという。 同課によると廃棄物は民家の解体時などに出るコンクリート片が主で、トラック運転手が別の場所から運搬し、山林の谷筋に廃棄したという。-兵庫県三木市