お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2017.04.20
    京都市中京区にある国登録有形文化財「平楽寺書店」(築約90年)の店舗が、老朽化が進んだため今月から解体される。―京都府京都市
  • 2017.04.17
    滋賀県などが行った空き家の所有者に対するアンケートで、売却や賃貸を検討する人が継続保有を希望する人より2倍以上多い(約6割)ことが分かった。―滋賀県
  • 2017.04.11
    環境省は、熊本地震で発生した災害廃棄物(推計316万トン)のうち、2017年2月末までに44%にあたる140万トンの処理を終えたと発表した。―環境省
  • 2017.04.03
    自民党は、所有者不明のまま放置された空き家等の再開発促進のため、自治体による土地利用権限を強化する新法の検討に着手。
  • 2017.04.01
    大阪市阿倍野区の「シャープ」旧本社ビルの解体作業が3月27日から始まった。―大阪府大阪市
  • 2017.03.31
    解体工事中の唐津赤十字病院跡地の土壌から、基準値を超えるフッ素や水銀などの汚染物質が検出されていたことが判明。―佐賀県唐津市
  • 2017.03.23
    2016年、和歌山県内の労働災害による死者数が3年連続で増加し、14人となった。うち半数の7人が建設業で、その中の3人はコンクリート壁の解体工事中に下敷きになったものだという。