お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2022.04.23
    23日朝、不審火が続く福山市で空き家の火事があった。警察は連続放火の可能性もあるとみて調べている。23日午前8時ごろ福山市多治米町で警察に通報があった。消防車1台が出動しおよそ10分で火は消し止められたが、建物内の壁や床、カーテンの一部を焼いた。この火事によるけが人はいなかった。今回の火事が起きた隣の空き家では今月19日と20日に2日連続で不審火が確認されている。警察は3件の不審火の関連を調べている。‐広島県福山市
  • 2022.04.18
    18日午前11時35分ごろ、茨城県日立市の日立金属自動車ホース工場で、建物解体作業でスレート製の屋根材(縦120センチ、横60センチ)を2階から1階に下ろす作業をしていた建設作業員の男性(68)が、落下した屋根材の下敷きになった。県警日立署によると、当時、現場では4人が作業し、男性は1階に、他の3人は2階部分にいた。別件で訪れていた同署の警察官が大きな音を聞き、男性が倒れているのを発見した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。-茨城県日立市
  • 2022.04.16
    建築家黒川紀章さんの代表作である東京・銀座の「中銀カプセルタワービル」の解体工事が12日始まった。完成から半世紀を経て老朽化が進んでいた。居室であるカプセルをブロックのように積み上げた外見が特徴的なこの建物は現代建築の代表的な存在として内外で評価が高く、取り外したカプセルの一部は美術館への寄贈や宿泊施設としての再利用などが検討されている。解体工事は年内に完了予定で、跡地には新しいビルが建設される。-東京都中央区
  • 2022.04.11
    福岡市西区で10日夜、解体工事中の空き家をほぼ全焼する火事があった。けが人はいなかった。警察などによると10日午後7時すぎ、福岡市西区福重で「解体中の建物から火が出ているようだ」と近くに住む女性から消防に通報があった。火はおよそ2時間後に消し止められたが、木造2階建ての空き家をほぼ全焼した。この空き家は現在解体工事中だが、電気やガスは止まっていて、10日は作業を行っていなかったという。警察と消防で詳しい火事の原因を調べている。‐福岡市西区
  • 2022.04.09
    北九州市小倉北区で9日、空き家と隣接する住宅が全焼する火事があった。警察と消防によると9日午後4時前、小倉北区中井浜で「空き家が燃えている」などと消防に通報が相次いだ。火は、火元とみられる木造平屋建ての建物と隣接する木造2階建て住宅を全焼し、3時間半後に消し止められた。この火事によるけが人はいなかった。去年10月にも、現場から約50メートル離れた場所にある空き家が燃える不審火が起きていた。警察は、事件・事故どちらの可能性もあるとみて出火原因を詳しく調べている。‐福岡県北九州市
  • 2022.04.09
    京都市議会は、別荘や空き家の所有者に課税する「非居住住宅利活用促進税」の導入を盛り込んだ条例案を可決した。物件の市場流通を促し、子育て世代が市外へ流出していることに歯止めをかける狙いがある。市は総務相の認可を得る手続きに入るが、課税や徴収システムの構築に一定期間を要するため、導入は早くて2026年となる。新税は市が居住していないと認定した住宅の所有者を課税対象とする。税率は家屋の固定資産評価額に応じて3段階に分け、所有者の負担能力に配慮した。対象物件の特定は、公平性を確保するため厳密に対象を決める方針で、住民票だけではなく、居住実態の有無も確認することにしている。‐京都府京都市
  • 2022.04.07
    2021年9月、北海道当別町にある空き地に、コンクリートなどのがれきや木くずなど約10トンを不法投棄したとして、50代の作業員の男ら5人が逮捕された。警察によると、男らはいずれも札幌市内に事務所があった元解体業者の代表や従業員で、空き家の解体作業で発生したごみを投棄したとみられている。2021年9月8日に土地の管理者が警察に通報したことで事件が発覚。警察は2022年4月6日に容疑が固まったとして男らを逮捕した。警察は5人の認否を明らかにしていないが、余罪についても調べを進めている。‐北海道石狩郡