お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2017.11.13
    柏崎市で「空き家対策特別措置法」に基づく建物の解体作業が始まった。市内では初めての適用。撤去費用はおよそ250万円ほどかかる見込みで、市が今後、所有者に請求する。-新潟県柏崎市
  • 2017.11.10
    東京・板橋区にある研究所の解体工事現場で、不発弾1発が見つかった。現場周辺では一時車両や人の立ち入りが規制されたが、爆発の危険性はなく自衛隊が不発弾を回収した。-東京都板橋区
  • 2017.10.27
    青森県弘前市は27日、青葉団地市営住宅の建て替え工事で、建材に発がん性物質のアスベスト(石綿)が含まれていたにもかかわらず、飛散防止の対策を施さずに解体工事を行ったと発表した。市は陳謝した上で「相談体制を整える」としている。-青森県弘前市
  • 2017.10.26
    兵庫県明石市大蔵中町の商店街「大蔵市場」で25日に発生した火災は、出火から約15時間後にようやく消し止められた。市場は全焼し周辺の住宅にも延焼したが、けが人はなかった。市場は木造で約30店舗が並び、ほとんどが空き家になっている。-兵庫県明石市
  • 2017.10.13
    12日夜、岡山県津山市で空き家が半焼する火事があった。現場周辺では2017年1月以降、放火が疑われる火事が18件起きていて、警察が一連の不審火との関連を調べている。-岡山県津山市
  • 2017.10.08
    新城市は5日、県解体工事業連合会などの8つの団体と空き家等対策に関する協定を締結した。市内の空き家は約1000戸で、うち危険や倒壊の恐れがあるのは約200戸ある。市内全域を対象エリアとし、空き家の適正管理や利活用を推進する。-愛知県新城市
  • 2017.10.07
    6日午後8時ごろ、大船渡市の空き家に隣接する小屋から出火。現場に火の気がないことから、大船渡署は不審火の可能性もあるとみて調べている。付近では2015年12月から不審火が数件起きている。-岩手県大船渡市