お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2021.1.23
    京都市は22日、老朽化し倒壊する恐れがある左京区の空き家について、空き家対策特別措置法に基づき、27日から行政代執行で取り壊すと発表した。同法に基づく代執行は市内4例目。市によると、対象の空き家は木造平屋建て約40平方メートル。相続人は相続放棄しており、改善のめどが立っていない。市は昨年10月末、建物の除却を公告した。除却費用の約130万円は今後、民法の規定に沿って相続財産管理人を選任し、費用の回収を目指すとしている。-京都府京都市
  • 2021.1.12
    能代市は12日、空き家対策特別措置法などに基づき、同市二ツ井町の空き家の解体を行政代執行で開始した。市が行政代執行で取り壊すのは今回が初めて。空き家は築46年の木造2階建てで、延べ床面積約116平方メートル。2001年に所有者が亡くなってから、屋根や梁が落ちるなど危険な状態が続いていた。市によると、県外に相続人が2人いるが、撤去の勧告、命令に応じなかったため、強制撤去に踏み切った。工事は3月末までの予定で、市が負担する費用およそ220万円は、後日、相続人に請求する。-秋田県能代市
  • 2020.12.20
    長崎市は14日、老朽化で倒壊の危険性がある秋月町の空き家について、所有者が不存在のため行政が費用を負担して解体する「略式代執行」を始めた。市内では初めて、県内では5件目。対象の空き家は木造2階建て延べ床面積約35平方メートル。19年9月の台風17号の影響で屋根や外壁などが損壊。市は所有者の調査を進め、今年7月に所有者の死亡などが判明した。空き家が面する市道は近隣小学校の通学路で、住民などから対応を求める声が市に寄せられていた。解体費用約210万円は市が負担する。-長崎県長崎市
  • 2020.11.30
    神戸市が管理が不十分で景観や治安、防災上の問題につながる空き家の処分や売却を促すため、弁護士ら専門の相談員を所有者の元に派遣する制度を来年4月から試行する。空き家物件に相続人が複数いて合意形成が難しいケースに対し、依頼がなくても支援に出向く全国でも異例の対応。併せて、管理が行き届かず放置された物件は、所有者への助言・指導に加え今後の意向を確認した上で住宅用地に適用される固定資産税の軽減特例から除外する運用を昨年8月から始めており、相談支援と税徴収の両面から空き家を減らす狙い。-兵庫県神戸市
  • 2020.11.17
    多久市は16日、空き家対策特別措置法に基づき、同市北多久町立山地区の長屋1棟の解体を開始した。市などによると特措法による略式代執行での空き家撤去は県内初。解体を始めたのは2戸の住居がつながった長屋で、床面積は計約50平方メートル。築60年以上とみられ、柱や壁の一部が崩れている。1戸は所有者を特定できず、市が費用を負担する略式代執行で取り壊す。費用は60万5千円。もう1戸は熊本市に住む男性らが相続人で、略式代執行に合わせて解体することを決めた。-佐賀県多久市
  • 2020.11.17
    新発田市は16日、「空き家対策特別措置法」に基づく行政代執行により、同市三日市の空き家の解体工事に着手した。代執行による空き家の解体は市内で初めて。市によると、空き家は木造2階建て延べ床面積は約113平方メートル。築年数は100年以上で約20年前から空き家だという。過去には建物の一部が倒壊し、市が緊急安全措置を講ずるなどの対応を迫られていたが、所有者や管理者を特定できず、撤去を命じるなどの手続きを省略する略式代執行を決断。解体予算は約250万円で市が全額負担する。-新潟県新発田市